バイアグラの併用禁忌薬にニコランジルがありますがなぜですか?

バイアグラ(シルデナフィル)とニコランジルなどの硝酸薬を併用することは避けるべきです。これは、これらの薬物同士の併用が非常に危険であり、重大な健康リスクを伴うためです。

理由

  1. 血圧の急激な低下: バイアグラは血管を拡張させて血液の流れを増加させ、勃起をサポートする作用があります。一方、硝酸薬(ニコランジルを含む)は一酸化窒素(NO)を放出して血管を急速に拡張させます。これらの薬物を併用すると、血圧が急激に低下し、めまい、ふらつき、失神などの症状が現れる可能性が高まります。この急激な低血圧は、重大な健康問題を引き起こすことがあります。
  2. 心臓への負担: 低血圧により、心臓への酸素供給が減少する可能性があります。これは、特に心臓疾患を持つ患者にとって危険です。心臓への負担が増加すると、心臓発作などの重篤な合併症のリスクが高まります。
  3. その他の副作用の増加: バイアグラと硝酸薬の併用は、それぞれの副作用を増加させる可能性があります。頭痛、ほてり、めまい、吐き気などの副作用がより重度になることがあります。

したがって、バイアグラを服用している場合、またはニコランジルを含む硝酸薬を使用している場合、これらの薬物を同時に使用しないように注意することが重要です。医師の指導に従い、安全な薬物使用を確保するために医師との協力が必要です。併用禁忌薬の指示は、患者の健康と安全性を最優先に考えたものです。

併用禁忌薬についてもっと詳しく

ED治療薬の併用注意と併用禁忌薬リスト

Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



私達が診療しています
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江 室田英明 医師 医学博士 Dr. 室田
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ