男性過剰性欲障害とは

男性過剰性欲障害(male hypersexual disorder)は、性的欲求や性的行動が通常の範囲を超えて頻繁に起こり、個人の生活に負の影響を与える状態を指します。この障害は、性的思考や行動が制御できないほど強くなることで、日常生活や人間関係に問題を引き起こすことがあります。この障害は、性的欲求が異常に高まり、その結果として衝動的な性的行動が頻繁に行われることを特徴とします。

特徴と症状

  • 性的思考や空想が頻繁で強迫的: 性的なことについて過度に考えたり空想することが多い。
  • 性的行動の制御困難: 性的行動や欲求を制御することが難しく、過度に追求する。
  • 日常生活への影響: 性的行動が仕事、学業、家庭生活、人間関係などに支障をきたす。
  • 性的リスク行動: 保護されていない性行為や、多数のパートナーとの性行為など、リスクの高い行動に従事することがある。
  • 感情的苦痛: 自分の性的行動に対する後悔や罪悪感が強いが、行動をやめることができない。

診断基準

男性過剰性欲障害の診断には、以下の基準が使用されることがあります。

  1. 強迫的な性的空想、衝動、行動: これらが少なくとも6か月間、頻繁に繰り返される。
  2. 性的行動が生活に支障をきたす: 性的活動の結果として、社会的、職業的、またはその他の重要な領域での機能が著しく障害される。
  3. 性的衝動を抑える試みの失敗: 行動を抑えようと試みるが、うまくいかない。
  4. 性的行動に対する自己認識: 自分の行動が過剰であると認識しているが、行動をやめることができない。

原因とリスク要因

男性過剰性欲障害の原因は多岐にわたりますが、主な要因として以下が考えられます。

  • 生物学的要因: 脳の化学的バランスの乱れやホルモンの異常が関与することがある。
  • 心理的要因: ストレス、不安、抑うつなどの心理的な問題が影響する。
  • 環境要因: 性的虐待の経験や性的に過激な環境での育成などが関与することがある。

治療法

治療は多角的に行われ、以下の方法が含まれます。

  • 心理療法: 認知行動療法(CBT)や精神分析療法が有効です。これにより、性的衝動の背後にある心理的な問題に対処します。
  • 薬物療法: 抗うつ薬や抗不安薬など、性的衝動を抑えるための薬物が処方されることがあります。
  • サポートグループ: 同様の問題を持つ人々と経験を共有することで、心理的な支えを得ることができます。

注意点

男性過剰性欲障害は、個人の意思だけで解決するのが難しいことが多いため、専門家の助けを借りることが重要です。また、この障害に対する理解とサポートが必要です。

以上のように、男性過剰性欲障害は深刻な問題であり、適切な治療と支援が必要です。

バイアグラを新宿で購入

バイアグラについて

バイアグラを渋谷で処方

バイアグラについて

全国対応バイアグラ通販

オンライン診療は全国どこからでも受診できます

https://www.westcl.com/telemedicine.html

Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



新宿ウエストクリニック院長
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ

前の記事

性的強迫神経症とは

次の記事

認知行動療法とは