「未承認薬」をあえて使う必要はあるのでしょうか

新宿ウエストクリニックでは、厚生労働省が認可した医薬品だけを、医師が処方します。いわゆる「未承認薬」は一切扱いません。通販サイトなどから敢えて「未承認薬」を買う方法は次の通りです。

個人輸入代行業者から買う

購入希望者は「副作用も含めた薬てを知っている」という前提で

薬機法における「医薬品の広告・宣伝」
を行っていないという名目のもと

自分の意思で薬を検索させ、「医薬品の
広告・宣伝」のなかから薬を指定

あくまで自分の意思で、代行業者を介し
輸入薬を購入するすることになる

 

医師でないものが、不特定多数のものに向けて医薬品を一覧で提示、広告・宣伝、アドバイスと共に輸入代行することは、薬機法で禁じられています。しかし多くの代行業者は、海外の医薬品とされるものを事実上、一覧で広告・宣伝、能書きとともに大々的に販売を行っているのが実態です。

 

個人輸入を行う医師(病院)から買う

医師がインド等、特殊な特許事情が
ある国から極めて安価な薬を輸入する

薬機法における「医薬品の広告・宣伝」
を行っていない、という名目のもと

あくまで購入者自身の意思で行った
という前提をもって

但し(ED・AGA治療薬は特に)医師も
偽薬を輸入する可能性はじゅうぶんある

 

本来、医師による薬の輸入は

・治療に緊急を要する
・国内に代替品がない
・数量が妥当な範囲内である
・診療科目に合っている

などの条件が薬機法によって定められていますが、ED・AGA治療薬の輸入は本来これらを満たしません。何らかの被害があっても、個人の場合と同様に輸入代行業者は責任は負わず、医師が負うことになってはいますが、その証明は難しいでしょう。

 

「未承認薬」購入のデメリット

・副作用被害にあった際の医薬品副作用被害救済制度*pdmaの対象となりません。
・正規のメーカーを装う、偽造薬である可能性があります。
・不衛生な場所や製法で作られている可能性があります。
・成分の含有量が少なすぎる、多すぎる場合もあります。
・健康被害を及ぼす成分が含まれている可能性があります。
・日本の法律に抵触する物質が含有されているものの使用が発覚することがあります。
・代行業者を通す場合、クレジットカードに関わる二次被害を受ける可能性があります。

正規品「承認薬」

「正規品」という正規の表現はありません。海外承認薬か承認薬(国内)となります。医療機関や薬局が使用している場合はわかり易く解説するのが目的です。通販業者(輸入代行業者)が使用することがありますが使用意図としては含有物・含有量が同じだということです。名称、含有物、含有量が同じでも国内で承認されている製造元と販売元が同一でなければ承認薬とサイト内に記すことができないためです。一見、同じ薬剤なのだなと思っても、医薬品副作用被害救済制度は利用できません。

「承認薬」の処方を受けるのが結局お得

個人的に輸入薬を通販で購入することは、診察もいらず、安そうで、ネットで決済もできることから、一見使いやすそうです。しかし承認薬の処方を受けることは、個人輸入のデメリットを完全に防げるだけでなく、価格も大きくは変わらず、現在はオンライン診療も使えることで、個人輸入よりも早く手元に届きます。ED・AGA治療薬を手に入れるのに敢えて個人輸入を選択する必要はありません。

コロナ禍で変わった「処方」の環境

新型コロナ感染症により、現在はオンライン診療の基準が一時的に緩和されている途中で、以前は見られなかったインターネット専業で輸入薬を販売するクリニックが増えつつあります。また、アフィリエイトで小遣い稼ぎをしている方について、図らずも未承認薬や違法薬物を扱うサイトに関わっている例も確認されています。どちらも避けることが賢明です。

個人輸入薬の危険性

ファイザーなど複数の製薬会社による、日本およびタイでのED治療薬と称するものに関する合同調査の結果、インターネット流通の55.4%(日本:43.6%、タイ:67.8%)が偽造品でした。また、ネットでED治療薬を購入した人へのアンケートによると「ネット上には偽造薬が出回っている」「偽造品と本物の区別は難しい」と思っているにも関わらず、ほとんどの人は「自分だけは安全」という認識の偏りがみられます。

これは危ない?!と思ったら

・承認薬である確信がもてなかったら、はっきりと断りましょう。
・医療機関名や医師名を記録して、通報にご協力ください。

※承認薬かどうかの確認・通報窓口など
・医療医薬品情報検索(薬の承認・未承認の確認)
・無承認無許可医薬品情報(市中で報告されている情報)
・あやしいヤクブツ連絡ネット(厚生労働省)
・医療機関ネットパトロール(厚労省委託事業)
・オンライン診療での未承認薬処方に関する通報窓口(準備中)

未承認薬の一例

当院で取り扱わない未承認薬の中でも問い合わせが多い薬品名を表示しています。

ミノキシジル経口薬 ※外用薬は承認薬 ステンドラ(アバナフィル)
プリリジー カマグラ カマグラ発泡錠
カマグラチュアブル バリフ タダシップ
カマグラオーラルゼリー スーパータダライズ メガリス
スーパーPフォース タダリスSX ビリトラ
ビダリスタ スーパージェビトラ ゼネグラ
スハグラ ジェビトラ スーパービダリスタ
カベルタ アバナ シラグラ
タドラ セビトラ ビダリスタチュアブル
フォーゼスト アスランス ビゴラ
タダポックス ズデナ Vタダ
シルディグラスーパーパワー スーパーフィルデナ スーパービリトラ
スーパーアバナ タスティリア ジマリス
シログラ ベガHクリーム ザイデナ
パルモプレス エキシラー ベガ
ぺネグラ
Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



私達が診療しています
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江 室田英明 医師 医学博士 Dr. 室田
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ