「瘀血」とは漢方独自の概念で、血液が一定箇所に滞ることで種々の障害をきたすことをいいます。加味逍遙散は「血(けつ)」の不足から生じる血行障害や鬱血を防ぎ、血液の巡りをよくして、体を温める「駆瘀血剤(くおけつざい)」の一つです。「産婦人科の三大漢方薬」ともされています。女性では特に月経にかかわる諸症状、更年期障害などに用いられます。

加味逍遙散 024番
加味逍遙散
カミショウヨウサン

添付文書 加味逍遙散

添付文書

婦人科系の不定愁訴に応える代表的な漢方薬

「産婦人科の三大漢方薬」のうち当帰芍薬散は主に体内の「血」の改善を目的としていますが、加味逍遙散はこれに加え「気」も併せて好転させます。「気逆(きぎゃく)」からくる神経の高ぶりにも、「気うつ」からくる抑うつにも効果を持ちます。体力があまりなく、肩こり、めまい、頭痛がある、のぼせ、異常な発汗、イライラ、不安感、不眠など、いわゆる不定愁訴といわれる多様な心身の不調に広く用いられます。

配合される生薬
柴胡(サイコ) 芍薬(シャクヤク)
当帰(トウキ) 茯苓(ブクリョウ)
蒼朮(ソウジュツ) 山梔子(サンシシ)
牡丹皮(ボタンピ) 甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ) 薄荷(ハッカ)
作用と効果

肩こり、めまい、頭痛がある、のぼせ、異常な発汗、イライラ、不安感、不眠、ときに便秘などに用いられます。特に虚弱体質の女性に処方されます。

服用上の注意

薬や食べ物で、かゆみ、発疹などのアレルギー症状の経験があるとき、妊娠または授乳中である、他に継続して服用中の薬がある、場合は医師に相談が必要です。

用法・用量

84包(28日分)が一単位として処方されます。この薬は生薬そのものではなく、生薬と同じ成分を含む顆粒で、医師から処方される医療用漢方製剤です。ドラッグストアなどで手に入る一般用漢方製剤は、成分は基本的には同じでも、安全性が考慮され成分量が少なく設定されていることが殆どです。年齢・体重・症状により適宜増減されることがありますが、指示された服用方法に従ってください。

主な副作用
発疹、皮膚の赤み、かゆみ、食欲不振、胃の不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢など

このような症状に気づいたら、他にも気になることがあれば、オンライン診療(相談料はかかりません)のほか、問合せフォームや電話でご連絡下さい。

Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



私達が診療しています
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江 室田英明 医師 医学博士 Dr. 室田
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ