テストステロンのライフサイクルは?

テストステロンの生涯におけるライフサイクルは、年齢と共に変化します。

一般的な男性におけるテストステロンの生涯における主な段階

  1. 乳幼児期:

    • 生まれたばかりの男児は、テストステロンのレベルが非常に低いです。
    • 性的特徴や性的機能に関する影響はほとんどありません。
  2. 幼児期から思春期:

    • テストステロンの分泌は幼児期から思春期にかけて増加し、男児の性的特徴や性器の発達、声変わり、体毛の成長などが始まります。
    • 思春期にはテストステロンの急激な増加がみられ、性的特徴の成熟が進行します。
  3. 成人期:

    • 思春期を終えた成人男性では、テストステロンのレベルはピークに達し、性的機能や筋肉質の維持、骨密度の維持、精子の生成などに影響を与えます。
    • テストステロンは成人期を通じて維持されますが、年齢とともに徐々に低下する傾向があります。
    • テストステロンのピークは通常20代から30代にかけてで、その後は年間約1〜2%ずつ低下します。
  4. 中年期から後期:

    • 中年期以降、テストステロンのレベルは徐々に低下し、その速度は個人差があります。
    • テストステロンの低下は性的機能、筋肉質、骨密度、体脂肪、心血管健康などに影響を与える可能性があります。
    • 一部の男性は「男性更年期障害」や「LOH症候群」と呼ばれる症状を経験することがあります。

テストステロンのライフサイクルには個人差があり、健康状態、遺伝的要因、生活スタイルなどが影響します。テストステロンの低下に対処するためには、医療専門家との相談が重要です。適切な治療法やアプローチを受けることで、テストステロンの低下に伴う症状を軽減できる場合があります。

男性の更年期障害

テストステロン

Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



私達が診療しています
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江 室田英明 医師 医学博士 Dr. 室田
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ