女性版バイアグラとされる治療薬「フリバンセリン」が日本で承認されない理由は?

フリバンセリン(Addyi)が日本で承認されない理由は、いくつかの要因が影響しています。以下はその主な理由です:

  1. 効果とリスクのバランス:

    • フリバンセリンの効果とリスクのバランスが、日本の厳格な医薬品承認基準に合致しない可能性があります。
    • この薬物は中枢神経系に影響を与えるため、副作用や相互作用が発生しやすく、特に飲酒との併用による副作用が懸念されています。
    • 日本の厚生労働省は、安全性と効用のバランスを非常に重要視し、慎重に新しい薬物を評価します。
  2. 臨床試験の結果:

    • フリバンセリンに関する臨床試験の結果が、効果の一貫性や効果の大きさについて疑念を抱かせることがあるかもしれません。
    • 一部の試験では、フリバンセリンがプラセボ(偽薬)と比べて効果が限定的であるとされています。
  3. 社会的および文化的要因:

    • 日本の文化や社会的背景において、性的健康と関連する問題に対するアプローチは、他の国と異なる場合があります。
    • 性的健康に関する問題についてのオープンな対話や認識の違いが、この薬物の受け入れに影響を与える可能性があります。

したがって、日本でフリバンセリンの承認が難しい理由は、その効果とリスク、臨床試験結果、社会的背景など複数の要因によるものです。性的健康に関連する問題は複雑で、個別の国や地域に合わせたアプローチが必要とされます。

女性用バイアグラとされる治療薬「フリバンセリン」

女性版バイアグラとも呼ばれる治療薬フリバンセリンとは?

男性用バイアグラを新宿で処方 <

バイアグラ処方

男性用バイアグラを渋谷で購入 <

バイアグラについて

 

Print Friendly, PDF & Email
ED/AGAご予約・ご相談
ご予約、使用薬の変更、経過観察などの目的でご利用頂けます。

ご予約 » 予約フォーム
時間短縮ご予約 » 問診票付予約フォーム
遠隔診療 » オンライン診療/電話診療(初診・再診)
ご相談 » ご相談(セカンドオピニオン含)
ED治療薬の安全使用チェック » ED治療薬専用フォーム
AGA治療薬の安全使用チェック » AGA治療薬専用フォーム
EDセルフチェック セルフチェック日本語版EHS



私達が診療しています
安心の医師略歴・著書、メディア履歴
臨床経験豊富な当院医師の論文

入江武志 医師 Dr. 入江 室田英明 医師 医学博士 Dr. 室田
年中無休 診療時間・予約不要 すぐに処方します
10〜11時 / 12〜18時(土日祝) 10〜11時 / 12〜20時(月〜金)
祝日は曜日によらず18時迄 | 詳しくは » 診療状況

現金、各種クレジットカード、デビットカード、電子マネー対応

jcbカードvisaカードucカードdcカードamexカードdinersカードマスターカードロゴdebitカードスイカロゴエディロゴ