精神安定剤との併用効果

  1. バイアグラ・ED治療薬とAGA治療薬の情報サイト TOP
  2. 精神安定剤との併用効果

精神安定剤とED治療薬との併用について 心因性EDに効果的

EDの症状で中折れ(なかおれ)の原因は心因性が多く、 ストレスや義務感、プライドなどからくるプレッシャーによるものがほとんどです。
またダメだったらどうしよう・・・と心配しているのが一番いけないのです。
緊張していたり心配なことがあると男は誰だって勃ちにくくなります。

精神安定剤で気分がリラックスし緊張や不安が和らいだ方が、ED治療薬はより効きやすくなります。
これが 当院のお勧めする精神安定剤とED治療薬との併用療法です。

過度の緊張や焦りなどで起こっているEDは精神安定剤だけで治ってしまうこともあります。
精神安定剤は医師の処方が必要な薬剤です。

よく効いていたバイアグラ、レビトラ、シアリスが突然効かなくなったという方は、 たまたま効かなかったことがショックでプレッシャーが一気にあがり、 ED治療薬の効果が十分にでなくなるためです。
これも精神安定剤との併用で改善する場合が多くあります。

精神安定剤って? 一口知識です。

精神安定剤とは、その字の通り精神を安定させるお薬です。
これには作用の弱いものから強いものまでありますが、 当院で処方しているものはマイナー・トランキライザーという種類のマイルドな安定剤です。

効果は飲み慣れないとよく分からないこともあるのですが、 飲んでから30分くらいで気分が なんだかボワァーとしてきます。
これが精神安定剤の作用で、緊張がとれてユッタリした気分になっているのです。

朝立ちは まどろんだ状態の時に起こりますが、 冴え冴えの張り詰めた気分より、リラックスした気分の方が勃起にはプラスなのです。
それが精神安定剤とED治療薬の併用を当院が推奨している理由です。

精神安定剤の使用経験のない方は 試してみてください。
セックスはリラックスして楽しみましょう。

精神安定剤の副作用や使用上の注意

  • 副作用にはふらつき、めまい等があります。
  • 禁忌は急性狭隅角緑内障、重症筋無力症の方。
  • 飲酒は作用を増強するので注意してください。
  • 精神安定剤を服用後、車の運転は3時間くらい控えてください。
  • 依存性や習慣性があるので毎日は飲まないようにしてください。
  • 処方された薬を安易に他人にあげないでください。
  • 未成年の方には処方できません。

処方上の注意

連用や依存症の疑いのある場合、処方量を制限したり処方をお断りする場合があります。
精神安定剤の処方はEDで来院された方を対象にしています。
精神安定剤だけの処方はできません。

アロマテラピー 上手に眠れない方々へ 付録

精神の安定のために眠りの質を向上しましょう。

アロマテラピーは眠りをよくする補助療法です、簡単で結構よく効きますので試してみる価値はあります。

精油としては静穏作用のあるローズウッド、ペパーミント、ラバンサラ、ベルガモット、ラベンダー、 クラリセージなどを 適度に混ぜてアロマランプ等で使用してみてください。

個人的には ローズウッド、ペパーミント 、ラバンサラの3種を混合で使うことが多くよく効きます。

寝る1時間くらい前に普段より濃いめに使用するのがいいようです。
効果は穏やかで持続性もあり、よく眠れるのでお勧めします。
アロマライトは寝る時に部屋が明るいので困るという方には、 ディフュザーという専用の気化拡散器があります。

お勧めのアロマ ヴィ・アローム(高級品質です、ここのペパーミントは爽快さ絶品です)

私達が診療しています。

  1. 室田写真
    室田 Dr.
  2. 渡辺写真
    渡辺 Dr.

新宿ウエストクリニック 医療法人社団 玄英会

ED外来 AGA外来 男性専門

  • 東京都新宿区西新宿7-9-7
    丸山ビル5F
  • 電話0120-559-749
  •   03-5330-4079
  • 診療時間 10〜11時 / 12〜18時
  • 木曜・金曜は19時まで
    (祝日18時まで)
  • ホント年中無休
    (年末年始も診療しています)
新宿ウエストクリニック地図